gnf

これからは、あなたが

息子の野球を観にいくと・・・

 

 

前のメールでは、ある野球ド素人の話をしました。

 

 

あの話で僕が伝えたかったことは、

 

『親の行動によって、息子の本当の力を引き出し

 試合で活躍する息子を存分にみることができる』

 

ということです。

 

 

 

ただ、ほとんどの人は

その方法を知らないだけなのです。

 

 

 

息子が野球を頑張ってくれるために、

朝の早くから起きて、弁当を作ったり準備をしたり

 

 

野球部の息子を持つと、何かとやることも多いし

チームの仕事だってやらなければいけないときも多々あります。

 

 

 

他のスポーツよりも親の負担は大きいのも知っています。。

 

 

 

 

自分が疲れてるときも

「息子に頑張って欲しい」

その一心で色々と苦労されてきたことでしょう。

 

 

僕はまだ、親ではないので

親の気持ちは正直はっきりとはわかりません。

 

 

でも野球部の親の苦労や悩みは、

僕も痛いほど分かります。

(4人の野球部を育てる、自分の親を間近でみてきたから)

 

 

でも、その「苦労」は

本当に息子のためになっているのだろうか。

 

苦労しても、息子の成長に繋がっていないんじゃないか。

 

 

そんな思いから、いつしかあなたの苦労が

悩みに変わってしまっていませんか。

 

 

 

息子がもっと野球をがんばれるように

いろいろと考えて行動しているが

それが本当に正のかどうかわからない。

 

 

 

監督に怒られて、肩を落としながら

落ち込んでベンチに戻っていく息子の姿を、自分は

心が痛む思いで見つめることしかできない。

 

 

 

頑張っているのに、どうしても結果が残せない息子に

「頑張れ!」としか言えない自分を情けなく感じてしまう。

 

 

息子になにかしてあげようと思うが、

いざやろうとしても、何をすれば良いのかがはっきりせずに

結局何もしてやれていない。

 

 

そもそも、自分は息子の野球を支えてあげることが

できているのか。。。

 

 

 

 

 

あなたは心のどこかで、このように思っています。

 

 

 

でも大丈夫です。

 

 

こう思っていて当たり前なのです。

 

 

 

僕の母親も、始めは同じことを思っていましたし、

ほかの多くの親も同じことを思っています。

 

 

 

でも、そこで諦めてしまうと

 

 

息子の野球人生に、息子自身が悔いを残し

あなたにとっても「もっと、してやれたことがあったのに、、、」

と、後悔することになるのです。

 

 

 

ほとんどの人は、この悩みが解消されないまま

息子が引退すると同時に、野球人生に後悔している息子をみて

 

何もしてやれなかった自分も

後悔の念に押されるのです。

 

 

 

「だから、あなたも諦めてください」

 

 

 

とは言いません。

 

 

安心してください。

大丈夫です。

 

 

あなたまで同じ後悔をする必要はありません。

 

 

いつまでもその苦痛に苦しまされる必要はないのです。

 

 

あなたが感じている、様々な苦痛を排除したとき

息子が試合で活躍して楽しそうに野球をしている姿

を見ることができるのです。

 

 

せっかく色んな面で苦労しているのだから

その苦労を息子のために最大限に活かしてあげたいですよね?

 

 

 

今まで何百人の現役の野球部と関わってきたので

・親から何をされると自分のためになるのか

・本当は親にどうして欲しいのか

ということは本当によくわかります。

 

 

しかし、あなたの息子さんも含め

子供はその気持ちを親には直接言いません。

 

 

 

野球部の子供たちはみな

「親に苦労はかけたくない」

と、心の中では絶対にこう思っているのです。

 

 

 

 

 

でも、あなたの何気ない行動によって

息子の最大限の能力を引き出し、

 

 

チャンスの場面で席に打席に立つ息子を

不安を感じながら応援するのではなく

「絶対に打ってくれる」と、

自信満々で応援してあげたいですよね。

 

 

 

そしてチャンスの場面できっちりと結果を残し

2塁ベース上で、満面の笑みでベンチに向かってガッツポーズする息子を

誇らしい気持ちで眺めてあげましょう。

 

 

 

 

息子の試合観戦中に、

毎週のように周りの親たちから

 

「○○君、今日も大活躍じゃん!

 ほんと頼りになるねぇ」

 

と、息子をべた褒めされて、

にやにやしながら試合を観ていても良いのです。

 

 

 

 

 

そして、息子が野球部を引退するときに、

普段はツンツンしていた息子から

 

「母さん、今までほんとにありがとう」

 

と、心の底からの感謝の気持ちを伝えられ、

自分のやってきたことが報われたんだということを

心の底から実感してください。

 

 

 

 

 

 

「自分には無理だ」とか思っていませんか?

 

 

 

 

そんなこと無いのです。

もう一度言いますが、あなたは知らないだけなのです。

 

 

先ほど言ったことを可能にするプロジェクトが、

 

もうすぐ始まります。

 



今まで、数百人という野球部の子の

本音を聞いてきました。

 

 

僕も10年以上野球をやってきたので

その本音にとても共感できます。

 

 

つまり、今のあなたが何をするべきなのか

それをはっきりさせるプロジェクトです。

 

 

息子が引退してから

「もっと自分にできることがあった」と

そんな後悔している人に、申し訳なくなるかもしれませんが、

 

 

 

あなたのその素直な気持ちは

実現させても良いのです。

 

 

 

 

そのための準備が、もうできあがります。

 

 

楽しみにしておいてください。

 

 

息子にとっても、あなたにとっても

野球人生を悔いの残らないようにするための

チャンスをあなたにお渡しします。

 

 

 

もう完成間近なので、次からのメールも

必ずチェックしておいてください。

 

 

では、今日はここで終わります。

ありがとうございました。

 

 

すたろー。

 

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目